松林を育てるコケの園

郊外の公園、松林を育成していたエリアに立ち寄ってみるとありきたりの松の木の枝には
あまり面白味がなかったのですが、足元になにやら不思議な世界が広がっていました
松をはぐくむコケ01
自分の写真ではわかりづらいかとは思いますが、苔生した地面に小さな松が生えていました
幹というよりも芽のような小さな松の木、針状の松葉の方がどうみても大きいです
松をはぐくむコケ04 松をはぐくむコケ05
まるで童話の舞台のようで、妖精やら幻獣でもでてきそうな小さな舞台芸術のようです
松をはぐくむコケ03
そんなマツの子供たちを育てる?はぐくんでいるのが大地を覆ったコケたち
松をはぐくむコケ06 松をはぐくむコケ07
みるからにフカフカとしていて触ってみたいですけど、自然のものなのでそれは自粛
松をはぐくむコケ02
近くの看板にはハイゴケという種類のコケのようで日当たりの良い場所なら地面だろうと
切り株だろうと育つコケだそうです、見ているだけで苔の世界は奥が深いです

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)