人道の港敦賀ムゼウム

福井県の敦賀を観光中、駅前でもらった市内地図を確認すると「敦賀ムゼウム」という
全く聞きなれない単語の施設があることを知り海沿い、敦賀港方面まで足を運ぶことに
敦賀ムゼウム01
「人道の港敦賀ムゼウム」と入口に書かれた小さな建物。壁の写真をみてわかる人も
いるとは思いますが、映画やドラマにもなった第二次世界大戦中、ポーランドドイツ
迫害を逃れるために、多くのユダヤ人に「命のビザ」を発行した杉原千畝(すぎはらちうね)
敦賀ムゼウム02 敦賀ムゼウム03
敦賀港はそのユダヤ人がはるかヨーロッパからロシアを超え、日本にたどりついた港
入口ちかく石碑の細い間から見える敦賀湾は、か細い希望から自由を得た姿に感じました
敦賀ムゼウム04
内部には貴重な史料をはじめ「命のビザ」の複製品、(撮影は禁止)、さらに杉原千畝の肉声
また敦賀の町と各地に散らばったユダヤ難民との交流の歴史も紹介されていました。
ちなみ「ムゼウム」とはポーランド語で史料館という意味だそうです

人道の港敦賀ムゼウム
http://www.tmo-tsuruga.com/kk-museum/

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)