浅草酉の市2016

台東区浅草鷲神社(おおとりじんじゃ)で行われる年の瀬の風物詩、酉の市
今年は11月23日、『勤労感謝の日』が「二の酉」で休日だったため、足を運んでみました
浅草酉の市01
浅草寺界隈から歩いていくと鷲神社付近にくると夕方4時ごろだったのですがすでに長蛇の列
浅草酉の市07 浅草酉の市06
となりの長國寺のほうにも行列ができており、どこが末尾なのやらさっぱり?自分はいつもの
ごとく「熊手を購入して奉納、参拝したりしない」ので裏手からまわって熊手の屋台を見物
浅草酉の市08 浅草酉の市09
今回、拝殿前を確認すると浅草 酉の寺、長國寺でも御朱印の記帳をしている光景を発見
なにも酉の市で人が大勢いる中でやらなくてもいいようにも感じますけど・・とか思ったり
浅草酉の市03
さて熊手売り場の屋台が立ち並ぶエリアに入ると人人人人・・・・・狭い通路にたくさんの人
浅草酉の市10 浅草酉の市11
大きな熊手を買われた人には威勢の良い掛け声と手拍子が聞こえて来たりとにぎやかです
浅草酉の市12 浅草酉の市13
例年聞くのは、はじめてきた人が右も左もわからず、地元・常連の知人に連れられて驚きと
あきれている会話、ましてこの「酉の市」が終わると、鷲神社長國寺も屋台も熊手も人出も
何事もなかったかのようにさっぱり消えてしまうというのですから、とにかく不思議な催事
浅草酉の市04
以前は商売をしているお店を経営している風の人が多かったのですが、ここ最近は案外
若い人も縁起物感覚で購入していくようです、なので可愛らしさをアピールしたような熊手
浅草酉の市14 浅草酉の市15
とくに来年2017年が「酉年」ということで熊手に「トリ」のキャラクターをあしらったものもよく
見かけました、オーソドックスに「ニワトリ」は縁起をかついだ「鶴」や招福の「フクロウ」とか
浅草酉の市02
また福を招く生き物として定着している「猫」の飾りをつけたクマデもあったり(なかには
てんこもりのものも)、お客さんのなかにも「ネコとトリが一緒のがあればなぁ」という声も
浅草酉の市05
ただ、あまりにリアルなニワトリをつけたちょっと不気味さもある熊手なんてのもありました
見つけた人は「あれどうするんだろう?」と口々に言っている始末。ご利益あるかな

浅草鷲神社
http://www.otorisama.or.jp/

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)