歴史を感じる宮津の教会

京都宮津市内、別記事で紹介した細川ガラシャの銅像近くの「カトリック宮津教会
宮津の教会01
白亜の壁がとても清らかな印象を受ける建物でした。内部は扉が閉まっていたので入らず
後日調べると明治29年に建築されたもので日本に現存する2番目に古いカトリック天主堂
宮津の教会03 宮津の教会04
入口隣に真っ白な聖マリア像が立っています。松葉の間ってのがなんとも妙な感じ

さらに市内を散策していると、もう一軒の「宮津聖アンデレ教会」という教会を発見
宮津の教会02
こちらは木造の歴史を感じさせるレトロな素朴で質素な印象をうける建物。こちらも内部は未見。
住宅街の真ん中なので一見すると普通の個人宅かな?とかおもったりします
宮津の教会06 宮津の教会05
ちゃんと入口には木でつくられた十字架。近い距離で続けて教会をみかけ細川ガラシャ
ゆかりの地ということでキリスト教にも縁があるのかな?とか思いましたけど
そういうわけでもなさそ(でもそう考えたくもなったり)

「海の京都」天橋立観光ガイドー天橋立観光協会|日本三景|
http://www.amanohashidate.jp/

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)