大石りく生誕地と豊岡図書館

カバンの生産地として有名な兵庫県豊岡市、観光パンフレットを片手に散策していると
江戸時代、豊岡藩の武家屋敷があった場所があるようなので足をはこんでみることに
豊岡城下町04 豊岡城下町05
このあたりかな?と思いたどり着いた場所には元禄時代の豊岡城城下町を示す地図と
「大石陸女生誕之地」(大石りく)という石碑が立っていました。左上の看板でも紹介している
ように「忠臣蔵」の大石内蔵助こと大石良雄の妻である”りく夫人”は豊岡の生まれとのこと
豊岡城下町01
豊岡にはほかにも大石りくが眠るお墓などがあり、赤穂浪士討ち入りの12月14日に
合わせて「豊岡義士会」による「豊岡義士祭」というものが行われるそうです

さらに近辺を歩いてみると立派な門扉がそびえたっていました。実はこれ「豊岡市立
図書館」の入口。図書館自体(自転車置き場も)も武家屋敷のたたずまいを残した建物
豊岡城下町02
旅行の際に見つけた自分は撮影していましたけど、観光施設というものではなく市民が利用する
目的のためなので地元の方には珍しくないとみえ朝早くから地元の人が出入りしていました
豊岡城下町06 豊岡城下町07
ちかくに小学校や高校なども学校もあり学生の声や姿もちらほら見かけたり
豊岡城下町03
ちなみに当時の武家屋敷、家屋自体が残っているといるわけではなさそうでしたが
町並みはそのころから変わっていないのか?雰囲気はそれっぽかったです

とよおかスケッチ
http://www.toyo-kan.jp/


関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)