氷見市の藤子不二雄Aまんがワールド

1月初旬に訪れた富山県氷見市、別記事でも紹介したように氷見藤子不二雄A先生こと
安孫子素雄先生の出身地、町内には先生の作品のキャラクターのオブジェやイラストが多数
氷見まんがワールド01
大きな「ハットリくんとその仲間たちにあえる町氷見」という看板も目をひきます
市街地には「氷見藤子不二雄Aまんがワールド」として作品のオブジェが飾られています
氷見まんがワールド07 氷見まんがワールド08
とはいえ忍者ハットリくんが大半を占めています。他にも先生の作品は多数あるんですけど
氷見まんがワールド02
ハットリくんの弟のシンゾウやライバルのケムマキ、影千代・・あれ獅子丸は
氷見まんがワールド09 氷見まんがワールド10
この周辺には見当たりません。無いわけはないとは思うのですが見落としていたのかナ
氷見まんがワールド04
オブジェのほかにも銀行や商店のシャッターにはイラストが描かれて、こちらもハットリくん
氷見まんがワールド12 氷見まんがワールド11 
商店街の中心あたりにはブリに乗ったハットリくん、シンゾウ、獅子丸の三人の姿
氷見まんがワールド03
漫画作品のほかにも藤子A先生のオリジナルデザインのキャラクターの銅像も展示
氷見まんがワールド13 氷見まんがワールド14
イカやカニ、ブリなど氷見港でとれる豊富な海産物をモチーフにした独特の造形
氷見まんがワールド17> 氷見まんがワールド18
怪物くん」を描いた作者なだけあってなんだかモンスターちっくなんですけど
氷見まんがワールド15 氷見まんがワールド16
港近くまでいくと藤子不二雄A先生の代表作の一つ「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造氏
氷見まんがワールド06
また市内にはイラストの描かれたラッピングバスも走っていました。怪物くんですかね
氷見まんがワールド05
ただ市内はほとんど人がおらず、自分が歩いたときも観光客とはすれ違いませんでした
昔はアニメなど放送されアラフォーの自分は懐かしく感じましたが世代的には馴染みなく、
みんな海産物の直売所や食事処のある氷見港に行ってしまっているのかなぁ

氷見市観光ポータルサイト「きときとひみどっとこむ」」
https://www.kitokitohimi.com/

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
「笑ゥせぇるすまん」面白かったです。よく見ていました.
好きだったのですが・・・最後には、いつも悲惨な結果に・・
それなら、最初から見捨てておけ!と。突っ込みを入れたくなります。
ま、誰の助けも借りずに、自分で解決しろ、という教えだったのでしょうね。
漫画大好きです、ただ、エロ、グロは嫌い、進撃の巨人とか。
訪問、ありがとうございました。応援。
Re: No title
雫さんコメントありがとうございます
> 「笑ゥせぇるすまん」面白かったです。よく見ていました.
> 好きだったのですが・・・最後には、いつも悲惨な結果に・・
 何もしないで素通りしているだけの喪黒さんってのも
 物語としてなんの始まりもなく終わりもなく『お話』が成り立ちませんね(^-^
> 誰の助けも借りずに、自分で解決しろ、という教えだったのでしょうね。
 作品からどういう意味があるのかって思うのも人それぞれ違うんですね
 藤子A先生の作品はハットリくんや喪黒さん以外にもいろいろ
 あるんですけど、もうオブジェあってもよかったかなぁ


 

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)