瑞龍寺の法堂と石廟

富山県高岡市にある国宝瑞龍寺、仏殿を抜けると境内一の建物、法堂(国宝)があります
瑞龍寺の法堂や石廟01
内部は一般に公開されている部分(正直どこまでがそうなのかわかりませんでしたが)
には瑞龍寺の模型や周辺のジオラマなどの資料が置かれておりお札なども販売
瑞龍寺の法堂や石廟04 瑞龍寺の法堂や石廟05
中央のうち人には2代目藩主前田利長公の位牌が安置され、天井には狩野安信による
四季折々の花々が描かれ、欄干には鳳凰の彫刻(写真では詳しく撮っていません
瑞龍寺の法堂や石廟06
法堂から禅堂、大庫裏などの建物へは回廊が続いており外にでる必要はありません
雪深い(このときはまったくありませんでしたけど)土地がらだからでしょうかね
瑞龍寺の法堂や石廟02 瑞龍寺の法堂や石廟03
さらに法堂と禅堂のあいだを抜けた場所には富山県指定の文化財、瑞龍寺石廟
瑞龍寺の法堂や石廟09
前田利長、利家公が奉られ、さらに利信公の命により『本能寺の変』で亡くなった
織田信長、信忠親子、側室正覚院を弔うための分骨廟が建てられています
瑞龍寺の法堂や石廟07 瑞龍寺の法堂や石廟08
いわゆるお墓ですけど石造建築で作られ装飾が施された御廟は初めて見ました
瑞龍寺の法堂や石廟10
奥にも歴史を感じさせるお墓が(こちらは普通のお墓ですけど月日を感じさせます)
国宝とされるだけあって、立派な寺院は一見の価値ありと思えました

瑞龍寺ホームページへようこそ
http://www.zuiryuji.jp/

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)