春節の装飾

春節を祝う横浜中華街、ある建物を見上げると赤いリースのような装飾が施されていました
春節の装飾01
ほかにも似たようなデコレーションをしている家屋もありましたが、自分が見た限りこちらの
建物が一番高くて見事だったかな?で、こちらをひとつひとつをみてみると旗のようです
春節の装飾02
いわゆる台湾の旗、青天白日満地紅旗です(語弊がないような言い方で)。中国と
台湾はいろいろ国際、政治、心情(信条)的には難しいところも多々あるでしょうけど、
こういう風にお祭りの装飾に使用されているのをみると華やかに感じました

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
横浜中華街を作ったのは中華民国だった時代の人達ですが、今では中華街は華僑と新華僑ー中華人民共和国から来た人にソサエティが分かれているようです。秋の建国記念日「国慶節」は違いますが、春節のお祭りはどちらも同じ暦で一緒ですね。
台湾系のお店は旗をたくさん飾るのですぐわかります。華やかでいいなあと思います。私も欲しくて、お祭りの時、一本もらってきたことがあります。
Re: No title
夫婦ともカッパさんコメントありがとうございます
> 横浜中華街を作ったのは中華民国だった時代の人達
いまの横浜中華街だけでもいろいろな人がいるので
町がひとつになったように盛り上がるお祭りってのは
雰囲気からして、訪れる側も楽しいですよね(^-^
> 台湾系のお店は旗をたくさん飾るのですぐわかります。華やかでいいなあと思います
知らない人がみるときれいな赤い旗の装飾だなぁって
終わっちゃうのかもしれませんけど(^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)