崖の上のハナチョウジ

植物園の温室、植物の生息地を擬似的に表現するために設営された崖の部分に草花を発見
ハナチョウジ01
糸状の葉っぱの中に赤みがかった橙色をした筒状の花びらをした花が咲いています
ハナチョウジ03 ハナチョウジ02
名前を確認するとハナチョウジ(花丁字)という花。肉眼では分かりづらかったので撮影した
写真を拡大加工してみるとたしかに花の形が香辛料、漢方薬の”丁字”に似ているような
ハナチョウジ04
ちなみに丁字=クローブはフトモモ科、ハナチョウジはメキシコ原産でゴマノハグサ科の
植物だそうです。個人的にはルコウソウにも似ているようにみえましたけど、
ルコウソウってのはヒルガオ科なのでまた別の植物

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
香辛料のクローブって丁子のことだったんですね。先日料理に使ったので、よく覚えています。言われてみれば、確かに花丁子と形が似ていますね。
Re: No title
夫婦ともカッパさんコメントアリガトウゴザイマス
> 香辛料のクローブって丁子のことだったんですね。
> 先日料理に使ったので、よく覚えています。
 漢方薬として漢字の名前で知られているものと
 香辛料としてカタカタ表記で知られているものが
 同じものとしらない人も結構いますよね
 ともすれば粉状のものしかしらないってこともありますし(^^
> 言われてみれば、確かに花丁子と形が似ていますね
 これもチョウジを知らないと気が付かないことなんですよね~

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)