銀座の安平神社

どこにでもあるような小さな神社。ところがこちらは東京都心、中央区銀座一丁目
銀座界隈であることは知ってましたが具体的な住所、一丁目というのは後日しりました
銀座の安平神社01
名前を「安平神社」(やすひらじんじゃ)、境内といっても社務所などほかに建物何もなく
写真で写せる範囲の広さで、散策するほどもないネコの額くらいの小さな場所
銀座の安平神社04 銀座の安平神社05
祠の周りには鎮守の森として木々がお気持ち程度ありますが、少し離して撮影すると
あたりはアスファルトに覆われた都会の一角で、むしろ緑地があるほうが不自然なくらい
銀座の安平神社03
とってつけたような神社のように見えますが実は江戸時代、新庄美濃守のお屋敷があり
その屋敷神として祀られた稲荷神社を明治時代に高級料亭「万安樓」が引き続き
料亭で祀り、さらに料亭廃業後にマンションが建設されてもそのまま残されたそうです
銀座の安平神社02
その奇異な風景から隣接するタワーマンションと一緒に撮影しようとしたのですが、
あまりに背が高いので下層部だけとなりました。神社にしてみればほんの数百年で
周りの風景が目まぐるしく変わっても町の歴史を残す貴重な神社なのでしょう

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)