ムラサキセンダイハギの若い実

6月初旬の植物園の花壇、プックリとした繭のような形をしたモノをつけた植物を発見
ムラサキセンダイハギの実01
名前を確認すると「ムラサキセンダイハギ」(紫千代萩)という名札がついています
ムラサキセンダイハギの実02 ムラサキセンダイハギの実03
後日調べてみるとこれらはムラサキセンダイハギの若い実だそうで、マメ科の植物
よろしく真夏には黒く干からびたサヤになりなかからタネがとれるそうです
ムラサキセンダイハギの実04
となると、花はもっと早い時期、5月初旬ごろに咲いているようです。ハギというと
秋の頃にさく草花と思いましたが、初夏の時期に咲く種類もあるのですね

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)