浅草・鳥越きりしたん殉教記念碑

浅草鳥越の間くらい地域を歩いていると、「浅草鳥越きりしたん殉教記念碑」という石碑を発見
きりしたん殉教記念碑01
すぐちかくの説明書きによれば江戸時代初期1613年8月16日、鳥越の地で禁教令にもめげず
信仰をつづけたキリシタン(キリスト教徒)が処刑(斬首)、その後も幕府の迫害をうけ鳥越
地で(説明書きに記載されているだけでも)28人の教徒が亡くなったとのこと
きりしたん殉教記念碑02
その神への純正なこころを貫き通した殉教者を忘れないように、建立されたそうです
ちなみにすぐちかくにはカトリック教会が(同じ敷地内でしたけど)

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ヒャクニチソウとタテハチョウ

この記事にはチョウチョ、虫の写真が掲載されています。苦手な方はご了承ください

前の記事と同じヒャクニチソウの花壇、別のチョウチョが花びらに止まっているのを発見
ヒャクニチソウとタテハチョウ01
羽根の模様からタテハチョウの仲間、ヒメアカタテハでしょうか。間違っていたらスミマセン
ヒャクニチソウとタテハチョウ02 ヒャクニチソウとタテハチョウ03
別記事のアオスジアゲハとはことなる構図でなるべく近寄って撮影してみることに
ヒャクニチソウとタテハチョウ04
意外とこちらも逃げずに。というよりも一度飛び立ってもまた戻ってくるお気に入りさ
ヒャクニチソウとタテハチョウ05
同じ種類の花に止まっているのに、こちらのチョウのほうが雰囲気的になんだかどっしりと
みてくるのはきのせいでしょうか。まわりの蝶によって花の印象も変わってきます

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アオスジアゲハとヒャクニチソウ

この記事にはチョウチョ、虫の写真が掲載されています。苦手な方はご了承ください

花壇でみかけたヒャクニチソウの花、数本だけすっとのびた花の先にアオスジアゲハ
アオスジアゲハとヒャクニチソウ02 アオスジアゲハとヒャクニチソウ03
まるで高い塔の先にあつらえた舞台で優雅に舞っているかのようにも感じる光景
アオスジアゲハとヒャクニチソウ01
もうすこし近寄っても大丈夫そうでしたけど、花と蝶々と背景が気に入りこのままで

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)