ツバメの季節

よく利用する駅で毎年3月から4月ごろにかけてツバメが姿を見かけるのでせっかくなので撮影
燕の季節01 燕の季節02
普段は素通りしている場所で何気なくみているツバメたちも、あらためてカメラを構えて
写真に収めようとすると、相手も野生の鳥なのでなかなか一所に落ち着いてくれません
燕の季節03
どうにか数枚撮影。あとツバメの巣も建物の壁に掛けられており、親ツバメヒナたちに
エサを与える光景をよくみかけるのですが、この日は誰もいないようです
燕の季節04 燕の季節05
よくみると3つあるのにの気配すらないです。偶然に遭遇しているくらいで、
カメラで撮影しようとする邪(よこしま)な心があるとダメなのかな

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

庭先のボタン

庭先といっても自宅でも他人の家でもなく、日本庭園の敷地内に建っていた家屋の庭
庭先のボタン01
ちょうど縁側にあたる場所から見える花壇に咲いていた濃い赤紫色した大輪のボタンの花
室内は勝手に入ることができないので、庭側から撮影してみましたが、なんだか妙な構図
庭先のボタン02 庭先のボタン03
いちおう根元に名札があり「紅輝獅子」と書かれていました、たしかに獅子、ライオンように姿
庭先のボタン04
ちょっと昔の日本だと縁側から牡丹など季節の花を眺める光景が当たり前だったですけど
そういう風景、まして都内だと見ることができなくなってきているような・・とか思ったり
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

満開の八重桜

桜の代名詞、ソメイヨシノがほとんど散った4月中旬の都内の公園で八重桜の花を発見
満開の八重桜01
花の開き具合から満開状態といってよいでしょうか(シロート目線ですけど
満開の八重桜02 満開の八重桜03
とくにこの日は晴天に恵まれ、薄紅色の花びらが生き生きしているようにみえます
満開の八重桜04
上三枚と下三枚は別の木だったのですけど同じ種類の八重桜なのかな?品種は
後半は「関山」という名札がついていましたけど(ヤエザクラでもいろいろあるので
満開の八重桜05 満開の八重桜06
個人的にソメイヨシノが咲いていた花見時期に曇り空など天候がいまいちだったので
これだけ青空の元に咲いている桜を見るとあの時の不完全燃焼感が解消です
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)