城上神社と龍の絵

石見銀山、代官所近くに鎮座した大森の氏神様で県指定文化財「城上神社」(きがみじんじゃ)
城上神社01 城上神社02
銀山の町散策の出発地点でもある代官所近くにありながら自分が訪れた時には誰も
おらず、高い針葉樹に覆われた鎮守の杜の中に立つ重層入母屋式造りの建物は圧巻
城上神社03
神社とも寺院とも違う独特の建築様式に巨大なしめ縄、歴史を感じさせる雰囲気
城上神社04 城上神社05
社務所らしいところもなくだーれもいない境内。拝殿の天井には龍の絵があるいうことで
建物内部に入ると、龍の絵のほかにも古式ゆかしい紋様(武家の家紋ですかね
城上神社06
その中央に描かれた龍の絵はところどころ装飾がはげ落ちていますが、迫力のある
絵柄(逆向きなのは反対からだとご神体にお尻向けちゃうので(苦笑)、
ちなみにこの下で手を打つと「鳴き龍」の声が聞こえるそうです

石見銀山ウォーキングミュージアム
http://www.ginzan-wm.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

石見銀山の町並み

2017年10月に訪れた島根県大田市の「石見銀山」(いわみぎんざん)、今回の旅行の本当の目的
石見銀山の町並み01
実は今年の2月に一度予定を組んだのですが、その時は中国・山陰地方が大雪で島根まで
は来たものの観光できずにあえなくとんぼ返りをするハメになったので今回はリベンジ
石見銀山の町並み09 石見銀山の町並み10
偶然にも2017年はユネスコ世界遺産として「石見銀山遺跡とその文化景観」に登録して
ちょうど10年という記念すべき年(ただ「行きたい」ってことが先行してそんなこと梅雨知らず
石見銀山の町並み02
大田市(おおだし)の市街地から15キロほど離れた山中には、銀山で栄えたころの
町並みがそのまま残っており、当時の人々の生活を思い起こさせてくれます
石見銀山の町並み06 石見銀山の町並み07
冒頭の代官所は現在は資料館となっており、銀山のなりたちなどの歴史を知ることが可能
石見銀山の町並み03
武家屋敷なども残っており、それらのなかには重要文化財として指定されている建物も
石見銀山の町並み11 石見銀山の町並み08
ところどこに現代風に改築されたレストランやカフェなどもあったりして町散策にはもってこい
石見銀山の町並み05
お店は、うーまく江戸情緒あふれる街並みに紛れていてので探索する楽しみもあります
石見銀山の町並み12 石見銀山の町並み13
ただ見学できる施設もあるなかで今でも住んでいる方々もいる住宅ものでご注意を
石見銀山の町並み04
東京ディズニーランド11個がおさまるほどの広大な敷地なので、銀鉱山をふくめ市内の
そこかしこで借りることのできる、レンタルサイクルで回る人も多くいました

石見銀山世界遺産センター
http://ginzan.city.ohda.lg.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

井原鉄道の総社駅にて

10月上旬の旅行中に乗車した広島県の総社駅(そうじゃ)と神辺駅(かんなべ)をつなぐ井原鉄道
伊原鉄道の総社駅01
当初、今回の旅行では乗車する予定でなかったのですが、道中天候が悪くて予定を変更したため
に利用した路線。始発駅の総社駅から乗ると、平日だったため自分を含め2、3人しか乗っておらず
『ずいぶん寂しい路線だなぁ(失敬)、せっかくだから撮影しておくか』と思い、写真に
井原鉄道の総社駅02 井原鉄道の総社駅03
ドアには広島県笠岡市のキャラクター「カブニ」くんが描かれた一両の車両、出発して『このまま
終点まで人も少ないのかな?』と思っていたら、となりの清音駅につくとお客さんがゾロゾロ、
一気に満席に。地元の方には大切な足だったんですね、失礼しました

井原線
http://plus.harenet.ne.jp/~ibarasen/index.html

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)